リレー・トーク 「未来の喫茶文化」


京都で活躍されている新進気鋭のコーヒーショップやお菓子のお店の店主、平等院の茶房長、大学教授などをゲストに迎え、現在、そして未来の京都の「喫茶文化」について、司会の柏原氏とともに語り合います。(無料、申込不要)

タイムテーブル、トークテーマ等は決定次第、当ウェブサイトで発表します。

司会

  • 柏原 卓之 (かしはら たくゆき)

    まち歩きプランナー/
    ラジオDJパーソナリティー

    「街は生きている」をテーマに、街の日々の変化を探究。京都の食文化、街の文化拠点を中心に、年間1000軒を超えるスポットを徹底網羅。まいまい京都事務局スタッフ(まち歩き企画・運営)。FMよみたん京都支局長。珈琲、クラフトビール、餅、お風呂屋さん好き。

登壇者

  • 尾上 宗西 (おのうえ そうさい)

    平等院茶房藤花茶房長/
    茶道石州流・煎茶道二條流師範/
    日本茶インストラクター/
    インテリアコーディネーター/
    茶道系YouTuber

    大学在籍時に茶農家業務を経験し、上生和菓子製造工房への就職を経て、現在は平等院の茶房立ち上げから初代茶房長を務める。抹茶道と煎茶道の師範代を務めるほか、日本茶インストラクター、インテリアコーディネーターとしても活躍。“現場”と“文化”を包括的に学んできたことで独自の視点から茶の魅力を捉え、空間創りも含めた総合的な観点から茶を表現し、発信している。

  • 岡本 由美子 (おかもと ゆみこ)

    同志社大学政策学部政策学科教授

    「フェアトレードは途上国の開発問題を解決するのか?」をテーマに、ミャンマーやウガンダでフィールドワーク調査に従事しながら、研究を行う。フィールドワーク調査の中では、学生とともに、主に農業問題や環境問題、エコツーリズムにおける問題分析に取り組む。

  • 北辺 佑智 (きたべ ゆうち)

    株式会社タビノネ代表取締役

    2015年自宅のガレージを改造して珈琲焙煎を開始。2017年「珈琲焙煎所旅の音」、2019年「MAMEBACO」、2020年「喫茶と菓子タビノネ」をオープン。頻繁に産地を訪れ、生産地と消費者の架け橋であり続けることを信念とする。プロデューサーとして20店舗以上の立ち上げを行うほか,おいしい旅のマーケットや経営塾の主催、コーヒースクールも精力的に行う。

  • 西川 葵 (にしかわ あおい)

    京甘食品株式会社代表取締役

    昭和2年創業「梅園」甘党茶屋の3代目店主。甘味処の「甘党茶屋 梅園」、抹茶ホットケーキ等を提供するカフェスタイル「うめぞのCAFE&GALLERY」、餡を使った創作菓子を提供する「うめぞの茶房」のほか、ジェイアール京都伊勢丹に持ち帰り専門店「梅園 oyatsu」をオープンし、全6店舗を展開。餡子のおやつが大好きで、様々な味の餡や和食材を使ったお菓子作りを、日々研究中。

  • 牧野 広志 (まきの ひろし)

    TRAVELING COFFEE店主

    1994年に渡仏し、パリ・ルーアン・リヨンで暮らす。2002年に帰国後、京都の新しい情報発信空間の提案者として、元・立誠小学校を活用した複合施設「立誠ガーデンヒューリック京都」内にて珈琲店を営業中。毎月自身が選定した6軒の焙煎所にオリジナルブレンドをオーダーメイド。珈琲をハンドドリップで提供しながら、珈琲とカルチャーの情報発信の場にもなっている。