STEAM THINKING -未来を創るアート京都からの挑戦アートコンペティション・プレビュー


(参考)WATER LOGO Atelier OMOYA+ NIPPON DESIGN CENTER

企業の技術と芸術の創造力によるアート作品のアイデアを世界から求め、その作品を通じて科学と芸術による世界の発展へ向けたイノベーションを巻き起す、次の時代の芸術家に向けたアートコンペティション「STEAM THINKING—未来を創るアート 京都からの挑戦」のプレイベントとして、招待作家・鈴木太朗のコンセプト作品の展示を行います。

開催日時
2019年3月21日(木・祝)〜24日(日) 9時~18時(入退場自由)
会場
ロームシアター京都 プロムナード(北側)
参加対象
どなたでも
料金
無料
申込
不要

  • 統括ディレクター中谷 日出

    元NHK解説委員
    (芸術文化 / デジタル関連担当)
    京都大学大学院総合生存学館特任教授

    東京藝術大学大学院美術研究科修了。アートディレクターとして活動後、NHK入局。マサチューセッツ工科大学(MIT)メディアラボに派遣。1995年、NHKの現在のロゴマークをデザイン。1999年、NHK解説委員(芸術文化、デジタル関連担当)に就任。2018年NHK退社。

  • 鈴木 太朗

    東京藝術大学デザイン科准教授
    アトリエオモヤ代表

    1973年、東京・葛飾生まれ。メディアアーティスト、アトリエオモヤ代表、東京藝術大学デザイン科准教授。自然界の物理現象の美しさ、おもしろさに惹かれ、その時間軸的変化を表現要素に取り入れた作品を数多く制作。独自の発想や高度なテクノロジーに支えられ時間軸上に抽出される「物質」や「光」の動きや変化は、鑑賞者に純粋な感動やおどろきを伝えている。


鈴木太朗 作品(参考)

  • (参考)「WATER LOGO」
  • (参考)「光であそぶ / Playing with Shine」Atelier OMOYA