アート×フードマーケット


2019年のアート×フードマーケットの様子

海外からも注目を集める日本の「食」を切り口に、アート×サイエンス・テクノロジーを考え、体感する様々なプログラムを実施します。
地域の食を味うことができるグルメブースをはじめ、道具市、食やアートのワークショップやシンポジウムなど、大人から子どもまで楽しめる多彩なプログラムでおもてなしします。
自然豊かな日本で育まれた文化としての「食」を五感で捉え直し、食の持つアートやサイエンスの側面について理解を深めます。

グルメブース

京野菜マイスターによる京野菜のお弁当、旬の野菜をふんだんに使ったイタリアン総菜等、京都で人気のお店が多数集結し、地元から観光客まで多くの方が、京都の「今」の食を体験できる場を提供します。

シンポジウム

持続可能な農業の実践者や食と芸術の関係について研究する学識者等多彩なゲストをお招きして「食」について考える分野横断的なトークセッションを開催します。「食文化」とは何かを見つめ、風土に根差した「食文化」の未来と可能性について来場者とともに考えます。

ワークショップ・イベント

子どもたちがもっと気軽にアート×サイエンスに触れることができるワークショップや、京都の伝統文化や食文化を体験できるイベントを開催します。身近にあるものを組み合わせて、ロボット型の動くアート作品を作ったり、音楽や文字・絵やダンス等いろいろな角度で自分を表現することをとおして、楽しく想像力をふくらませます。

開催日時
2020年3月28日(土)・29日(日)9:00~16:00(一部16:30まで)
会場
ロームシアター京都 ローム・スクエア/岡崎公園ほか
参加対象
どなたでも(一部年齢制限あり)
料金
無料(一部有料)
申込
不要(一部要申込)
協力
京とうふ藤野株式会社/京扇子・白竹堂/平安蚤の市実行委員会※天候その他の都合により、中止または内容を変更させていただく場合があります。
※プログラムの詳細については決定次第、お知らせします。